歯垢を放置することで歯肉炎や歯周病に……やがてひどい口臭に発展

歯垢を放置したところで百害あって一利なし。歯垢を放っておくことで歯肉炎、歯周病へと進展いくのです。

歯肉炎は歯垢を野放しにして増殖させた結果、歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり出血してしまう状態です。歯ぐきが紅色でなく真っ赤な場合は要注意。

歯肉炎をさらに放置しておくと出血だけではおさまらず、ウミが出て歯が抜け落ちることも。これが歯周病の症状です。

歯肉炎や歯周病の特徴として、口臭もひどくなります。食後の口臭とは比べものにならないほどキツく、口臭グッズでにおいを消してもあまり効果はありません。

歯肉炎や歯周病の対策は、日頃のプラークコントロールがすべてといっていいでしょう。専門医に相談して正しい歯磨きを実践しましょう。

そのうえで消臭サプリメントなどでしっかりエチケット対策すれば、しっかり口臭を予防することができます。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ