蓄膿症が口臭の原因になるのはなぜ?

蓄膿症は慢性副鼻腔炎という慢性的な鼻の病気。副鼻腔と呼ばれる、鼻の周りにある空洞に炎症が起きて、鼻水や膿が溜まってしまう病気です。

蓄膿症は膿が溜まった部分に強い痛みを感じることから、慢性的な症状に悩む人も多い病気ですが、実はこの蓄膿症が口臭の原因になっていることが多いのです。

蓄膿症になると口臭がひどくなってしまうのは、鼻の奥に溜まっている膿が嫌な臭いを発していることが原因です。しかしこの臭いは、臭いの原因が体の内部にあるため、周りの人よりも本人が自覚することの方が多いようです。

蓄膿症が原因で口臭がひどくなってしまうもう一つの原因は、口呼吸によるものです。蓄膿症では慢性的に鼻が詰まり、鼻呼吸ができない状態が続いてしまうため、呼吸を口で行うようになります。そうすると口の中が乾き、雑菌が繁殖することで口臭が発生しやすい状態になってしまいます。

蓄膿で口臭が気になる、という方は、こまめに水を飲むなどして、口の中ができるだけ乾かない状態をキープすることが大切です。水を飲む以外にも、ガムを噛んで唾液の分泌を促すのも効果的です。

気になる口臭を今すぐ何とかしたい、という場合には、氷をなめたり、できるだけ冷たい水を飲むのがお勧め。口の中を冷やすことで嫌な臭いを和らげることができます。

蓄膿症による口臭は、蓄膿症を治療することでしか完全に防ぐことはできません。蓄膿症の治療の際には、口臭が気になっているということを医師に伝えて、口臭が蓄膿症によるものかどうかを診断してもらうことも大切。と言うのも、口臭の原因が他に潜んでいる場合もあるからです。

自分では蓄膿症が口臭の原因だと思っていても、実は違う病気が原因だったり、口の中に臭いの原因があったというケースも多々あります。蓄膿症で周りの人に気付かれる口臭というのは、口の乾燥によるものがほとんどなので、それ以外の口臭があると感じる場合は病院で診てもらうことをお勧めします。

蓄膿症を治療した後も、なぜか口臭が気になるという場合は、「自臭症」というメンタル的な症状の場合もあります。治療をした後は、過度に気にかけることなく、リラックスして毎日を過ごすことが大切です。

それでもどうしても、気になる口臭を何とかしたいという場合には、当サイトでご紹介している口臭対策用サプリメントの活用を検討しても良いかもしれません。体の中から臭いの原因を根本的に対策することで、口臭を気にすることなく生活できるようになるでしょう。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ