しっかり磨けて安全な歯磨き粉の選び方とは?

オーガニックブームなどから、食べるものや日常的に使うものには安全性の高い製品を選びたいという方が近年増えてきています。

とは言え、数千円もする高価な歯磨き粉は普段使いには使えない、という方のために、市販の安価な歯磨き粉に含まれる添加物や成分で、できるだけ避けたいものを調べてみました。

まず、避けたいのは研磨剤入りの歯磨き粉。成分名では「ケイ素」や「炭酸ナトリウム」という表記になっています。

これらの成分は、歯に着いた着色汚れを落としてくれるのですが、その代わりに歯を削ってしまうというデメリットがあります。知らないうちに歯が削れてしまうのは困りますよね。

研磨剤無添加の歯磨き粉を使うと、歯の着色汚れが落ちにくくなりますが、歯医者さんで定期的に歯石取りやクリーニングをしてもらうことで、汚れ対策は十分に可能です。

歯の健康を守るためには、研磨剤無添加の歯磨き粉を選ぶことを心がけましょう。

次に避けたいのが、「ラウリル硫酸ナトリウム」。これは発泡剤と言われ、歯磨き粉が泡立つもとになっている成分です。

発泡剤が体に与える悪影響は特に報告されていませんが、ただ泡立つだけで、歯を磨くという目的に対してはあってもなくてもいい成分。

むしろ、泡立つことで十分に磨けていると勘違いしてしまうので、できれば含まれていないものを選ぶのがお勧めです。

泡立たないと歯磨きしている気がしない、と感じる方もおられるかもしれませんが、その分しっかりと、歯の隅々まで磨くことを心がけると、歯の健康を保つのに効果的です。

また、人体に有害だと言われることも多い「フッ素」は、歯を守るのには有効な成分。フッ素入りの歯磨きを避ける必要はありません。

しかし、フッ素入りの歯磨きで歯を磨いた後、口をしっかりゆすいでしまうとフッ素が流れてしまいます。フッ素入りの歯磨きを使う際には、歯磨き後のゆすぎは1回だけ、軽く、を意識してみてください。

丁寧な歯磨きで、歯や歯茎の健康を保つことは口臭対策の基本になります。毎日しっかり歯磨きすることも大切ですが、口臭対策や予防に対して、もっと積極的な対策を取りたいという方は、口臭を予防できるサプリメントを使ってみるのがお勧めです。

当サイトでは、購入して試してみた結果、実感が感じられた口臭予防サプリを格付け形式でご紹介! とにかく口臭対策のために今すぐできることを試してみたいという方には、当サイトのランキングがお勧めです。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ