歯磨きの後に食べたものの味が変わる本当の理由は?

歯磨きをした後、何かを食べると「いつもと味が違う」「変な味がする・・・」と感じることはありませんか?

歯磨き粉の味が口の中に残っているからかな? それとも単に気のせいかな? など、いろいろと思うところはあるかもしれませんが、歯磨き後の味覚の違和感には理由があります。

それは、市販の歯磨き粉に使われている「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分。これは界面活性剤で、歯に着いた汚れを落とす成分として使われています。

ではなぜ、この「ラウリル硫酸ナトリウム」が味覚の変化に関係するのでしょうか。それは、ラウリル硫酸ナトリウムの強い成分が、舌の上で味覚を感じる「味らい」という部分と結びつき、味覚を麻痺させてしまうからなんです。

味が変だなと感じるのは、味覚が正常に働いていないからなんですね。

特に口の中は粘膜で、いろいろな成分を吸収しやすい状態。そんなところに毎日、歯磨きという形で強い物質を使い続けることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ラウリル硫酸ナトリウムの入っている歯磨き粉を使う弊害は他にもあります。このホームページを見ている人にとっては、こちらの方が重要かもしれません。

それは、ラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨きを毎日使っているうちに、成分が歯ぐきなどにも浸透して、歯ぐきから血が出るなど、歯周病や口臭の原因になる可能性があるということ。

味が変に感じるというのも怖いことですが、口臭を抑えるための歯磨きで、口臭の原因を作り出しているというのはまさに本末転倒と言えるでしょう。

では、このような害を防ぐためには、一体どんな歯磨き粉を使えば良いのでしょうか?

「ラウリル硫酸ナトリウム」が入っていない歯磨き粉であれば、市販のものでもまったく問題ないのですが、現在のところ、市販の歯磨き粉のほとんどにラウリル硫酸ナトリウムが含まれています。

ラウリル硫酸ナトリウムが含まれない歯磨き粉となると、オーガニックなものや、石鹸歯磨きと呼ばれるタイプのものを選ぶしかありません。市販の歯磨き粉よりも高価なものになりますが、口臭予防のためと考えれば必要な出費でしょう。

口臭予防のための歯磨きにそうした落とし穴がある状態で、口臭を防ぐにはどうすればいいでしょうか。口臭の原因物質を元から断つ対策が必要となってくるでしょう。

当サイトでご紹介している口臭対策サプリメントには、体の中から口臭対策が可能なものもあります。外部要因に左右されない口臭対策をしたいという方は、当サイトでご紹介している口臭対策サプリをぜひチェックしてみてくださいね。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ