口臭の原因になる「臭い玉」をご存知ですか?

毎日しっかり歯磨きをして、マウスウォッシュを使って口の中を清潔にしているはずなのに、なぜかいつも口の中が臭う気がする…そんなあなたの口の中にはもしかしたら「臭い玉」があるかもしれません。

「臭い玉」という言葉を初めて聞いた、という方もいらっしゃるかもしれませんが、これは膿栓と言って、扁桃腺の近くでできる固形物のこと。

膿栓は白血球と細菌の死骸でできています。つまり、扁桃腺で炎症などが起こったとき、白血球が細菌と戦った結果、膿栓ができるのです。

熱が出たり、体調を崩したりといった明確な体調不良ではなかったとしても、体は常に細菌の侵入と戦っていて、こうして毎日、膿栓が作られているという訳です。

この膿栓は、その名の通り膿の塊のようなもの。見た目は白いものがほとんどですが、細菌感染を起こしている場合は鼻水のように黄色や緑色になることもあるそう。

そんな膿の塊がのどの奥にある、となれば、口の奥から嫌な臭いがして当然ですよね。

そんな臭い玉を除去するのにはいろいろな方法がありますが、自己流でのどの奥から臭い玉を取るのはとても危険ですのでお勧めできません。

どうしても除去したい、という場合には、耳鼻咽喉科へ行って「膿栓を取ってほしい」とお願いするのが一番です。ただし、病院によっては除去を断られることもあるのでご注意を。

臭い玉による口臭を予防するには、臭い玉ができないように対策することが重要になってきますが、これをしたから必ず膿栓ができなくなる、というような方法は残念ながらありません。

ですが、臭い玉は口呼吸でドライマウスの人に多くできるということはわかっています。ですから、口呼吸をしている人は鼻呼吸に変えて、口の中が乾かないように気を付けることが大切です。

また、うがい薬を使って定期的にのどを洗浄することも臭い玉の予防に効果的です。耳鼻咽喉科の先生などは、うがいをしっかりしてくださいとアドバイスされることが多いようです。

毎日しっかりマウスケアをして、舌の汚れや食べ物などにも気をつかっているのになぜか口が臭い。そんな方はぜひ一度、臭い玉が悪さをしていないかどうか調べてみてください。

うがい薬を使わなくても、水などでこまめにうがいをする癖をつけると、扁桃腺のあたりに水分が行き渡り、膿栓を洗い流すことができるので、毎日のうがいを習慣化するのがお勧めです。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ