知らないうちに歯石が口臭の原因になっているって本当?

歯石は、歯磨きで取りきれなかった歯垢(プラーク)が石灰化して固くなってしまったもの。舌で歯に触れるとザラザラした感触がある場合、そこに歯石ができてしまってします。

歯石はセルフケアで取り除くことが難しく、歯石を取るためには歯医者さんで歯をクリーニングしてもらう必要があります。

歯医者さんで歯石取りをしたことがある方ならよくおわかりかと思いますが、歯石取りって意外と痛いし、時間もかかるんですよね。

そこで今回は、できるだけ痛みを感じずに歯石を取ってもらうためのコツと、歯石を作らないための予防法についてご紹介します。

痛くない歯石取りをするコツとは?

もっとも簡単に歯石取りの痛みを減らすコツは、こまめに歯石取りに通うこと。歯医者さんの定期健診は半年や1年ごとに行く方が多いのですが、歯石取りは1~2ヶ月おきに通うことで、歯石が柔らかい状態で取り除いてもらえるため、歯石取りの痛みを少なくすることができます。

歯石がつきやすいと感じている方の場合は、できるだけこまめに歯石取りに通うのがお勧めです。

次に気を付けたいのが「歯ぐきの腫れ」。歯ぐきが腫れてブヨブヨになってしまっている状態で歯石を取ると、歯ぐきを傷つけてしまうことが多いため痛みを感じやすくなります。

歯ぐきが腫れていると出血しやすくなるため、歯石も取りづらくなり、痛みも強くなるので、デメリットが多くなってしまいます。

歯磨きで出血してしまう場合は歯ぐきが腫れていたり、歯周病になっている場合があるため、歯石を取る前に歯ぐきの治療を先に行う方が良いでしょう。

治療が必要なほどではないけれど、歯ぐきが腫れていると感じる場合は、歯磨きに加えてデンタルフロスを使って歯と歯の間や歯ぐきに近い部分のクリーニングをしっかりと行い、歯ぐきを引き締めるようにすると、歯石取りの痛みを和らげることができます。

歯周病の可能性がある場合は、歯石取りをお願いする前にきちんと診察を受け、歯周病の治療に取り組みましょう。

歯石をできにくくするためのセルフケア方法

できてしまった歯石はこまめに取り除くしかありませんが、日頃のセルフケアで歯石ができにくい状態を作ることが、根本的な歯石対策に効果的です。

歯石のもとは、歯に残ってしまっている歯垢ですから、まずは歯磨きを丁寧に行うことがもっとも大切。歯垢が残りやすい歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目などを丁寧に磨くことを心がけてみてください。

また、デンタルフロスで歯のすき間の歯垢を取り除くことで、歯石がつきにくい状態をキープすることができます。慣れるまでは時間がかかって面倒ですが、デンタルフロスでケアすることを習慣にしてみてください。

歯磨きのときには、歯石がつきにくくする歯磨き粉や、歯ぐきを引き締める効果のある歯磨き粉を使うと、さらに歯石がつきにくくなります。お勧めは、歯医者さんでしか買えないアパガードリナメルや、コンクールジェルコートなど。歯石がつきにくい状態を作るためにも、歯医者さんへこまめに通うことは大切なんですね。

デンタルフロスと歯磨きでしっかりと歯垢を取り除いた後は、最後の仕上げにリステリン ターターコントロールでうがいをするのがお勧め。リステリン ターターコントロールは歯石を予防できる医薬部外品のマウスウォッシュなので、通常のマウスウォッシュよりも歯石予防効果が期待できます。


歯垢が残って石灰化してしまう歯石は、虫歯や歯周病の原因となるだけでなく、どれだけ丁寧にマウスケアをしても残ってしまう口臭の原因ともなります。

一時しのぎの口臭対策を行っても今一つ効果が感じられない、という場合は、歯周病や歯石などが口臭の原因になっていることがほとんど。

歯医者さんが苦手だという人も多いですが、健やかな歯と歯ぐきを保つためにも、定期的に歯医者さんでケアしてもらうことを習慣にしてみてくださいね。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ