歯を白く美しくしながら口臭対策ができるホワイトニングとは?

タバコやコーヒー、紅茶などでできてしまった歯の着色汚れや黄ばみをキレイにするためのホワイトニング。一般の歯科でも施術は受けられますが、どちらかと言えば美容的な処置として、審美歯科や美容歯科で施術が行われることが多いです。

確かに歯は白くてきれいな方がいいけど、ホワイトニングをしたからと言って口臭の悩みがどんな風に解消するのか、イメージできないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ホワイトニングをすることで口臭対策ができる理由についてご紹介していきます。

ホワイトニングをする前にはお口を健康にする必要がある

ホワイトニングが直接的に口臭対策になる訳ではありませんが、ホワイトニングを行う前には虫歯や歯周病などの治療を行い、口の中の健康状態を整えておく必要があります。

ホワイトニングのためだけに審美歯科に行ったとしても、最初は虫歯と歯周病のチェックとケアが行われますから、結果として口臭を対策できてしまうという訳なんですね。

ホワイトニングを行う前に虫歯と歯周病のケアをした後は、歯の状態に応じて歯石取りを行うこともあります。

歯にこびりついた歯石を取ると口臭も改善しますから、これも口臭対策に一役買ってくれるんですね。

また、最近では歯石取りだけでなく、PMTCと呼ばれる新しいクリーニング法で歯の汚れを落とす方法もあります。こちらは保険適用外の治療になるため、歯石取りよりは若干高めで、5,000円~20,000円くらいの費用が相場と言われています。

PMTCでは日頃の歯磨きでは落としきれない歯にこびりついた汚れをしっかりと落とすことができるため、歯石取りとあわせてPMTCを行うことでより効果的に口臭を予防することができるのが特徴です。

口臭対策ができるホワイトニングとは?

ホワイトニングというと歯医者さんでお願いするイメージがありますが、今ではホワイトニングができる美容サロンや、家でホームホワイトニングができるキットなども販売されており、意外とたくさんの選択肢があります。

ホワイトニングと言っても使う薬剤や白くするための方法はそれぞれ。ホワイトニングの種類によっては口臭対策ができるものとそうでないものがあるんですね。

では、口臭対策ができるホワイトニングの方法とは一体どんなものなんでしょうか。

答えは意外にも、美容サロンで行うホワイトニング。歯医者さんで行う本格的なホワイトニングは、歯を白くする効果はあっても、直接的に口臭対策ができるという訳ではありません。

美容サロンで行うホワイトニングで口臭対策ができるのは、酸化チタンを主成分にした薬剤を使ってホワイトニングを行うから。酸化チタンには歯の汚れを落として歯を白くするだけでなく、消臭機能や殺菌機能が期待できるため、口臭対策ができるという訳なんですね。


歯医者さんで高いお金を使ってホワイトニングをするより、美容サロンでホワイトニングする方が口臭対策には効果的というのは驚きですよね。

しかし口臭対策には、ホワイトニングよりも歯石取りやPMTCなどのクリーニングが効果を発揮しやすいのが事実。

お口の中の健康状態が良くないという自覚がある人の場合、まずは虫歯や歯周病の治療、歯石取りなどのお手入れから始めるのがお勧めです。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ