実は口臭の大きな原因になっている「ドライマウス」とは?

あなたは、口の中が乾燥してしまう「ドライマウス」という症状をご存知ですか?

ドライマウスは唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥してしまう状態のこと。軽い場合だと口の中のネバつきが気になるくらいですが、乾燥がひどくなると、口が乾いて痛みを感じたり、口の中に違和感が出てくることもあります。

ではなぜ、このドライマウスが口臭の原因になるのでしょうか。そして、ドライマウスに対策するにはどのような方法があるのでしょうか。

ドライマウスが口臭の原因になるのはなぜ?

ドライマウスで口の中が乾燥すると口臭がきつくなるのは、口の中の雑菌が繁殖しやすい状態になるから。

さらさらの唾液の中には酸素がたくさん含まれていますが、唾液の量が減って口がねばねばしたり、乾燥した状態になると、酸素の少ない状態が好きな「嫌気性」の菌が繁殖しやすい状態に。

この嫌気性の菌が口臭の原因となるガスを出すのが口臭の原因。口の中が乾燥することでにおいのもとを作り出す雑菌が増えてしまうんですね。

また、ドライマウスになると舌の汚れが取れにくくなるのも口臭の原因。ドライマウスで口の中が乾燥してしまうと、舌ブラシなどを使って毎日キレイにしていても、食後にいやーな口臭が出てしまいます。

唾液が減ると歯や歯ぐきを守る力も低下するため、虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのも困りもの。虫歯や歯周病も口臭の原因なので、さらに口臭の悩みが深くなるというわけです。

唾液の量が減るというだけで、口臭がきつくなってしまう要素がこれだけ増えてしまいます。いつ誰と一緒にいても口臭が気にならない快適な状態を保つためには、ドライマウス対策が欠かせないんですね。

今すぐ始められるドライマウス対策法とは?

では、ドライマウスによる口の乾燥を防ぐために、今すぐできるのは一体どんなことなのでしょうか。

まずチェックしてほしいのが「口呼吸」。鼻ではなく口で呼吸をしている人は、口が乾燥しやすく、ドライマウスになりやすいんです。

口呼吸をしていると気付いたら、できるだけ鼻で呼吸するようにしてみてください。鼻呼吸をするのが辛いという人は、一度耳鼻科などで検査をしてもらうのもいいかもしれません。

唾液を手っ取り早く出すには、ガムを噛むのが一番簡単。口が乾くと困るなというときには、事前にガムを噛んでおくと口の中がしっかり潤います。

ドライマウスを事前に予防するには、こまめに水分補給をするのも効果的。口が乾く前に水分を摂ることで、口の中が潤った状態をキープすることができますよ。


ドライマウスにはストレスやホルモンバランスの変化など、さまざまな原因があるため、本格的な治療をしたい場合には専門の医師の診察を受けることが大切。

ドライマウスを改善するだけでも、これまで気になっていた口臭の悩みから、すっきり解放されるかもしれません。

ドライマウスに対策している間には、マウスウォッシュや口臭対策サプリなどを適宜活用して、口臭が気にならない状態を維持するのもおすすめです。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ