食間の口臭を防ぐ方法

朝起きたときや食後の口の臭いを気にしてケアする方は増えてきましたが、そんな人もついついおろそかにしてしまいがちなのが、「食事と食事の間の口臭」。次の食事までの間に、少しずつ空腹になって来ると、体の中から臭いが出てきてしまうんですね。

食間の口臭の合図は「口の中のネバネバした感じ」。口の中がネバつくような気がするな・・・と感じたら、その場で水を飲んで、口の中のネバネバを洗い流すようにしましょう。

水をしばらく口に含んで、唾液の分泌を促すようにするとさらに効果が上がります。

また、気をつけたいのが「おやつ」の内容。口の中の水分が奪われるようなものを間食すると、どうしても口の中の臭いがきつくなってしまいがち。また、甘みや塩分の強いものもニオイの原因になるので、できるだけ控えた方が良いでしょう。

口の中が十分に潤った状態をキープできれば、他の人に気付かれてしまうほどの気になる口臭が出ることはまずありません。こまめな水分補給で口の中をネバネバした状態を防ぎましょう。

水分補給以外にも、唾液の分泌を促すために有効なのが「ガム」を噛むこと。ミントなど、さわやかな香りのガムを持ち歩くのも一種のエチケットになりそうです。

しかし、四六時中口のにおいを気にしながら生活をするのも大変なこと。口臭を気にせず一日中快適に過ごすために、エチケット口臭サプリメントを試してみるのも良いかもしれませんね。


口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ