病気が原因の口臭について

気になる口臭、実は病気が原因かも

口臭をどれだけケアしても解消した気がしない、いつまでも臭いが残っている・・・それは病気が原因になっている口臭である可能性が考えられます。

口臭が発生する代表的な病気は「糖尿病」。糖尿病になると、体の中の代謝が正常に機能しなくなるため、臭いが発生する成分が増えてしまいます。それが口臭の原因になってしまう、という訳です。


病気が原因で発生する口臭の原因物質とは?

病気が原因で発生する口臭の主な原因物質は、以下の3つです。

1. アセトン

2. ケトン

3. アンモニア

アセトンやケトンは糖尿病で増えてしまうことが多い物質。アセトンとケトンはりんごが腐ったような甘酸っぱい臭いがします。ケトンは糖尿病以外にも、極度の食事制限や体調不良などで栄養状態が悪いときにも発生するため「ダイエット臭」とも呼ばれることがあります。

アンモニアはいわゆる「おしっこ」の臭い。尿毒症などの病気が原因のほか、あまりにも疲れすぎて疲労が溜まっているときにも口臭や体臭として出てくることがある物質です。


病気が治るまでの対症療法におすすめのエチケットサプリ

病気が原因の口臭は、病気を治すことが根本的な解決法になりますが、そうは言ってもすぐに病気が治るかどうかは人それぞれ。それまでの間、気になる口臭を抑えるのに効果的なのがエチケットサプリメントです。体の中の原因物質に働きかけ、臭いを和らげる効果が期待できます。気になった方は、当サイト売れ筋のエチケットサプリランキングをチェックしてみてください。

口臭に悩んでいた多くの人が効果を実感!!最も売れているエチケットサプリとは?
口臭サプリ格付けランキング



このページの先頭へ